半身浴のメリット

半身浴のメリットは、
なんといっても血流が良くなることです。

38~40℃で半身浴すると、
体内の血流は、1分間で全身を1回循環します。

20分入ると20回も体全身を回って、
老廃物を出してくれます。

全身浴は、心臓に負担がかかると言われています。

全身浴も同様に、血流は1分で1回循環しますが、
体への負担を考えますと、半身浴がおすすめです。

半身浴の裏ワザ

冬の寒い時、浴室の温度もあがらず、
半身浴がつらい時がありますが、
裏ワザがあります。

それは、
お風呂のフタをしめます。
首だけ出して入ってみてください。

寒い浴室でも、ぬるま湯でも、ポッカポッカです。

湯冷めしてゆく仕組み

お風呂に入ると体温が上がるため、
『汗が止まらない』とゆうことがあります。

興味深いのは、
水は蒸発するときに熱を奪って
水蒸気になるという仕組みです。

同じように、
汗をかくと水分は体の熱を奪ってゆくのです。

体は余分の熱は発散して、
体温を調節しています。

汗が止まらないと体はどんどん冷えてゆき、湯冷めします。

湯冷めしない方法

湯冷めしない方法は、
半身浴の後、
冷水のシャワーをあびることです。

全身にシャワーしてはいけません。
心臓や内臓、お腹まわりを冷やすのは逆効果だからです。

私は、シャワーは使わず、冷たいタオルを使っています。
これおすすめです!

そのあと、バスタオルで水分をしっかりとりましょう。

 

水は水蒸気の作用で体の熱をうばいます。
髪の毛もしっかり乾かすことも大事ですね。

 

冷水をかける3つチェックポイント

  • 手首にシャワーをあてる。または、冷たいタオルをあてて冷やす。
  • 足首にシャワーをあてる。または、冷たいタオルをあてて冷やす。
  • 首の裏にシャワーをあてる。または、冷たいタオルをあてて冷やす。

半身浴で体は温まると、
体は汗をだして体温の調節をはじめます。

冷水タオルを使って、
手首・足首・首の裏を冷やします。

直後は冷たいですが、
すぐに開いていた毛穴が閉じて、
体がぽかぽかになります。

水分をしっかりバスタオルで取り除くことを忘れずに!

 

昔の人は、風呂上りに冷たいタオルで体を拭いていました。

おじいちゃん、おばあちゃんの知恵ってすばらしいですね。

手首、足首、首を冷やすと、なぜ効果的?

手首、足首、首は皮膚が薄いので、
この部分から熱がうばわれてゆきます。

この3か所をしっかり温めると風邪をひきにくくなります。

お風呂あがりに、くつ下をはいたりするも効果的です。

楽天で笑える半身浴グッズを発見
お風呂専用のバナナ