初めて沖縄に来て驚かれることは、どこに行っても、
どこまで走ってもセブンイレブンが見つからないことです。

沖縄県には、どこにもセブンイレブンがありません。

また、イオン系のミニストップもありません。

暑い日が続くとハロハロやソフトクリームを食べたいと思いますが、夢がかないません。

沖縄県のコンビニシェアNO1は間違いなくファミリーマートです。

NO2がローソンです。この二強です。

ファミマとローソン

面白いのはフェミマもローソンも沖縄では内地とサービス、戦略が違います。

その違いはぜひ沖縄に来て感じてみてほしいです。

 

この二つのコンビニブランドは、
沖縄独自に進化し企業として独立しています。

 

CMも沖縄限定です。
ローカルファミマ ローカルローソンなのです。
当然、内地とは違うキャンペーンを展開していることさえあります。

おでんのてびち(豚足)を味わえるのは
沖縄のコンビニならでは。

おむすびやお弁当にも
ゴーヤやポーク(スパムのような加工ハム)が使用されています。

沖縄暮らしでさみしくなるのは、
セブンイレブンのPB商品が楽しめないことです。

 

セブン限定のキャンペーンも面白いものが多かったのですが、
そういった洗練されたコンビニライフは楽しめそうもありません。

 

ココストア

沖縄にはもう一つローカルコンビニが頑張っています。

それはココストアです。

 

パン焼きオーブンを完備してパンは自前で作ります。
ここのミニクロワッサンは最高においしいので、一度食べてみてください。

 

それから、ヤフオクなどでメール便を利用したいと思う時に
セブンイレブンの代わりの受け皿となってくれているのが、

ココストアです。

 

沖縄のコンビニは地域の生活圏の人々を支える以上に、

観光地ならではのサービスを展開しているところも多いです。

 

貧乏旅行ならホテルのルームサービスではなく、
コンビニを利用します。

現地でマリングッズを急にご入り用になる方のための
万全の準備がそろっています。

夏は炭も売っているくらいです。

コンビニに行って驚いたのは、
沖縄そばのカップラーメンを見つけた時です。

 

沖縄限定グッズは年中販売しています。

 

またEV車のための電気給電設備の整った駐車場もあるくらいです。
これはレンタカーでEV車が増えていることも関係しています。

地方に旅行行く時もコンビニは欠かせませんが、
沖縄のコンビニは地方ならでは楽しみ方もあります。

沖縄にお越しの際はぜひコンビニも立ち寄って新たな発見をしてみてください。

沖縄限定の懐かしい商品

沖縄限定のびっくり商品