沖縄へ移住するなら、ここがおすすめ

 

沖縄って、どんなところ?

沖縄移住を考えておられる方へ

沖縄は暖かいし自然も豊かで、リタイヤ後のセカンドライフに
選ばれる方もおられるかもしれません。

そんな人に参考にしてもらいたいのが、沖縄県の地域性です。

大きく分けて沖縄は 南部 中部 北部に地区が分かれます。
それぞれの持ち味と不便な点は、
現地に住んでみないと分からないですよね。

 

南部

沖縄南部についてですが、

メリットは沖縄のどの地区よりも都会で交通の便も良く、
沖縄に住みながら都会を味わえるそんな場所です。

 

インフラも整っていますし那覇空港も近い。
仕事の求人も圧倒的に他の地区を上回っています。

 

ただ、都会なので家賃は高く駐車場がキープしづらい面もあります。

こんな人におすすめ! 若い、とりあえず身軽、大都会は離れたいけど、
ど田舎はとても住めない。とにかく独り身なら南部でしょうね。

それと車を運転する機会の少ない高齢者は、
モノレールやバスの便が多い地区ですし、
総合病院の数も沖縄の中では多い所ですから住みやすいでしょう。

 

北部

北部は観光名所 海洋博覧会跡地にある美ら海水族館があります。

やんばるくいななど、国の天然記念物などが生息する、
自然豊かなところでもあります。
都会っぽさはどこにもなく、ただただ時間がゆっくり過ぎていくところです。
デメリットは、冬場沖縄の中でも2-3度気温が寒くなります。
また土地は安いが物価がまあまあするので、車がないと不便です。

こんな人におすすめ! 豊かな自然に囲まれて過ごしたい。
不便でもいい。誰にも気兼ねせずのんびり過ごしたい。

 

国頭村は、不動産屋がなく村民と直接交渉か、
名護市の不動産屋に、土地の売り出しがないかを調べなければならないほどです。

 

そんな場所ですから、没頭したい何か仕事や趣味や芸術活動などを考えているなら
良い場所かもしれません。

 

でも、あまりにもど田舎過ぎるのはいかがなものか、とお考えなら
名護市は今、建設ラッシュで新しいマンション・アパートがいっぱい建設されています。

 

程よくなんでも揃っていますし、北部の中でも一番南に位置し
高速道路のインターもあるので、那覇空港へのアクセスも一時間半強あれば着きます。
※渋滞工事事故などがない条件下。

 

中部

中部は沖縄の中でも、人口が最も多いエリアかもしれません。
普天間市、宜野湾市、沖縄市、うるま市と
基地の周りに暮らしや街並みが形成されていった場所です。

 

利点は、田舎過ぎず都会過ぎず、北部南部へのアクセスが良く、物価がまあまあ安いです。

小中高校の数は屈指でしょう。

海や離島へのアクセスが良いのも人気魅力の一つで、
マリンスポーツも盛んです。

 

中部の東西で街並みが全然違います。
北谷町側は都会っぽい感じ!

 

うるま市は田舎っぽいテイストですから、
好みに合わせて、住み分けることもできます。

 

デメリットは車がないと、もう何にもできない所でしょう。
また起伏が多く、バイクも小型クラスではきついです。

昨今の人気の高まりから、不動産価格は一番上がってきています。
アジア最大のイオンモールが、2015年春オープンしたら、
中部地区の事情は一変することも予想されます。

 

それぞれのメリットデメリットを考慮して
ぴったりの棲家を見つけてみてください。

 

 

  • HOME’S 引越し無料見積り

    100社の中から簡単な入力で無料で一括で見積もりがとれ、お得な引越し会社を選べます。

  •  

 

引越の見積もりは無料ですので、まず費用の計算!