wordpressで更新情報サービスの設定方法。

 

更新情報サービスの設定

良質の記事を書いても、検索されなければ意味がありません。

WordPressならダッシュボードから「設定」→「投稿設定」ページの下の方に(更新情報サービス)があります。

下記の情報を正確に記してください。

http://rpc.pingomatic.com/
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://www.blogoon.net
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://bulkfeeds.net/rpc
http://rpc.technorati.jp/rpc/ping
http://rpc.technorati.com/rpc/ping
http://rpc.weblogs.com/rpc2
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
http://ping.namaan.net/rpc/

上記は更新情報サービスの設定です。

更新情報サービスとは、
記事を公開した時に「こんな記事を公開しましたよ」とアナウンスする機能です。

この機能を通して送られてきた情報を受け取って、
公開された記事情報をまとめて公開しているサーバがあるのですが、
WordPressのこの機能は、そのサーバに向けて公開した記事の情報を送る機能です。

WordPressの機能としては「更新情報サービス」という名称ですが、
一般的に更新情報を受け取る側のサーバが「Pingサーバ」と呼ばれていますので、
WordPress以外のブログサービスでは正式名称が Ping機能というものも多くあり、
WordPressの機能としても「Ping機能」と呼ぶ人も多いのも事実です。

 
 

  • SEO対策に優れている賢威テンプレート


    チェックポイント

    • SEOに強いテンプレート
    • レスポンシブWebデザインにも対応
    • パンダアップデート・ペンギンアップデートで悩む方、必見のSEOマニュアルが付属