WordPressはSEOに強い。【WP+賢威テンプレート】

SEOとは、(Search Engine Optimization)
検索エンジン最適化のことです。

これはWordPressのメリットでも触れましたね
まず検索エンジンの仕組みを説明しましょう。

 

日本のネット環境の検索エンジンはgoogleです。
2014年6月時点で国内の約97%のシェアなのです。

えっ??と思われますか?
yahooで検索しても、
実際はgoogleの検索エンジンが使われているのです。

 

つまりgoogleの検索エンジンのアルゴリズムを
理解することは大切ということですね。

 

googleは「検索エンジン最適化スターターガイド」を公開しています。

 

WordPressはそこに記載されている項目の多くを満たしています。
「WordpressはSEOに強い」と多くの人から言われ理由でもあります。

 

【Wordpress+賢威テンプレート】が最強と言われています。

 

 

 

SEO(検索エンジン最適化)対策

検索エンジン対策。

 

正しく対策することで、検索エンジンで上位に表示される
Webサイトを作ってゆくことができます。

 

 コンテンツの充実させることが重要

SEO対策として最も効果的なのは、
投稿や固定ページを追加・更新することです。

 

つまり、
コンテンツを増やすことで確実にアクセス数は増えてゆきます。

 

検索エンジンは、「特定のキーワード」に対して、
有益な情報を掲載しているかどうかを判断しているのです。

 

投稿する内容が有益であればあるほど、
検索順位は上位になります。

 

どれぐらいの記事(投稿)が必要でしょうか?

 

それは、おおよそ100ページ以上の記事を書き上げ、
一つのサイトにまとめれば十分でしょう。

 

あせらずに1日1記事といったペースで、
自分なりのペースで作り上げてゆけば良いと思います。

 

ただ、記事の内容は重要です。
有益な情報がない100ページでは意味がありません。

 

自分の得意な分野や人生から学んだ役立つ情報で
ブログを投稿してみてはどうでしょうか?

 

きっと100ページ以上の記事を書きあげることができる思います。

 

特定のキーワードで投稿を繰り返してゆくことは、
非常に効果的です。

 

これは、Webサイトの長所となります。

 

記事のタイトルの付け方に工夫する

投稿を増やしてゆくとき、タイトルの付け方を工夫するのは大切です。

 

検索エンジンは、タイトルをとても重視しています。
つまりあいまいなタイトルでは、
検索エンジンがあなたの記事を上位に表示させるかどうか判断できないのです。

 

例えば、記事のタイトルが「お知らせ、その①」「お知らせ、その②」ならどうでしょうか?
このタイトルに魅力は感じません。

 

今は、どんなキーワードが検索されているかも、時々調べています。
マネをして無理なタイトルを付ける必要はありませんが、
記事タイトルを見ただけで内容が分かるものが理想的です。

 

記事のタイトルの前半に重要な言葉を入れゆくことを習慣にしましょう。

「見出し」を活用する

 

WordPressでは、見出しの設定があります。これにより、どれが見出しかがよく分かります。

 

検索エンジンも見出しを重視してますので、見出しは検索されやすい単語を導入しましょう。

 

アルゴリズムとは

 

アルゴリズムとは、サイトの検索順位を自動で決める計算方法(プログラム)のことです。

 

例えば、「池袋 ランチ 安い」と検索する人は、
池袋の安くて美味しいレストランを知りたいと思っているので、
この検索キーワードになります。

 

その時に、どのサイトの記事が、
それぞれのキーワードで検索する人に最も役立つのかを判断して、
上位表示させるページを決めているのがアルゴリズムなのです。

つまり、Googleはアルゴリズムによって、
それぞれのキーワードで
「検索する人が求めている情報に最も合致しているページの中で最も良質なコンテンツが上から順に自動的に表示される」
ようにしようとしているのです。

 

おすすめのテンプレート。このサイトも賢威を使用しています。

 

  • SEO対策に優れている賢威テンプレート


    チェックポイント

    • SEOに強いテンプレート
    • レスポンシブWebデザインにも対応
    • パンダアップデート・ペンギンアップデートで悩む方、必見のSEOマニュアルが付属