img_0564
EPA・DHAサプリの中でも特に話題になっている
「美健知箋EPA&DHA(びけんちせん)」を購入してみました。

さすが、佐藤製薬です。
ユンケル1本とマスコットキャラクターがプレゼント付きです。

話題のEPA&DHA成分は、
アメリカでは、98%の人が『健康維持に不可欠な成分』と認識しているので、
さっそく試してみることに!

 

EPAとDHAって何?

EPAは、血液の健康に保ち、特に血栓ができにくくしたり、高脂血症を予防する結果、
動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を予防するという働きがあるということが
世界中の医学者によって研究され続けてきました。

DHAは、脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養素であることが話題となり、
DHAを食べると「頭の働きがよくなるのでは?」といった分かりやすいフレーズで
一躍有名になりました。

簡単に言うと、EPAは血液を健康し、DHAは脳を健康に!

 

EPAは心臓病の予防が明らかに

EPAには中性脂肪を下げる、動脈硬化を防ぐ、血液を固まりにくくするといった効果がありますが、
日本で行われたEPAの長期摂取試験で
2005年に心臓病大国の米国で報告され注目された結果があります。

試験は、血液の総コレステロール値が250mg/dL 以上の高脂血症の人で
コレステロールを下げる薬を飲んでいる約2万人を対象に行われました。

そして、その対象者の半分の約1万人にはEPAを毎日併用してもらい、
EPAを併用しない人との心臓病の発生率の違いを、5年間続けて追跡したのです。

結果は、EPAを併用した人ではコレステロールを下げる薬だけを飲んでいた人に比べて、
心臓病の発生率が19%も低いというものでした。

この発表は第78回米国心臓協会学術集会の速報として発表されたものです。

*本文中では、血液や血管の問題が原因となる心臓病を「心臓病」としています。

 

EPAの効果性

EPAが減少すると血管の病気になる可能性が増加。

血管は、からだに酸素や栄養素を運搬するために
からだ中に建設された道路のようなものです。

しかしながら人間が長く生きている間に、
その道路にはいろいろなゴミが溜まったり、キズができて傷んだりします。

この道路のメンテナンスに、EPAが有効に働くのです

 

 

EPAは中性脂肪を下げる働きがある。

EPAを摂取することにより、血液中の中性脂肪の濃度を下げることができることは、
多くの実験データから証明されています.

 

DHAの効果性

1989年に、イギリスの脳栄養科学研究所のマイケル・クロフォード教授が、
『日本の子供の知能指数が高いのは、日本人が昔から魚をたくさん食べていたことが理由の一つ』
という説を発表しました。

実際に、日本のお母さんのぼりゅうに含まれているEPA&DHAの比率は、
海外のお母さんと比べても多いことが分かってきています。
(健康な女性の平均で、母乳1ℓにはDHAが0.3ℓ含まれていると言われています)

 

美健知箋EPA&DHAの含有量


1日の摂取目標量は、1g(1000mg)です。

 

美健知箋EPA&DHAの評価

 

おすすめのサイト 評価(5段階) 詳細


★★★★★ 大満足の商品です。

 

うっかり物忘れが多くなってきた。
血管の健康が気になる。
生活習慣病が気になる。

そんな心配から。。。。
EPAとDHAは体内で作ることが、ほとんどできないため、
美健知箋EPA&DHAが人気なんですね。

さらに詳しい情報はこちら!