沖縄で楽しめるマリンスポーツ

 

マリンスポーツにチャレンジしてみませんか?

沖縄中部のうるま市に勝連(かつれん)半島と近隣離島はマリンレジャーに最適な場所です。ダイビングスポットはありませんが、勝連半島で人気の高いマリンスポーツをいくつかご紹介します。

サーフィン

僕の友人は伊計島(いけいじま)や宮城島(みやぎじま)を中心にサーフィンを楽しんでいます。サーファーの中には都会から移住し浜比嘉島(はまひがじま)に小さな民家を借りて、ロハス生活(健康で持続可能なライフ)をしながら、悠々自適にサーフィンライフを楽しんでおられる方もいます。遠浅なので、パドリングで沖に行くまでに時間がかかりますが、安全で最高にきれいな海でサーフィンを心ゆくまで楽しむことができます。

初心者にはもってこいです。

カイトサーフィン

勝連半島から平安座島(へんざじま)にかかる海中道路では、風が強い日にどこからともなく、カイトサーフィン族が帆を広げて海原を駆け巡り、アクロバットを決めて満喫しています。カイトサーフィンの装備は大変高価です。ですが平日の昼間から結構な人たちが来ています。不思議に思い知り合いに聞くと、なんでもIT系の社長などが多いようです。

 

ウィンドサーフィン

勝連半島は遠浅で年中心地よい風が吹いています。ウィンドサーフィンなどはさらに重装備です。大きな車に機材を積み込んで仲間たちと海中道路の駐車場に集まりウィンドサーフィンを楽しんでします。面白いのは海中道路の真ん中を隔てて、勝連半島側はカイトサーフィン族、平安座島よりの駐車場にウィンドサーフィン族が集まって自然に住み分けをしています。これも面白い光景です。ぜひ海中道路の展望台から楽しんでみてください。

 

フィッシング

24時間釣り具店が結構あり、釣り人口の多さを物語っています。イカや南国ならではの色鮮やかな魚を狙って離島の防波堤や橋には釣りキチたちが、今日も竿を振っています。ゆっくり時間の流れている沖縄県は、釣りが好きな人には大変向いている環境だと思います。

 カヤック

外人はカヤックなどで人気のない穴場的な湾をのんびり楽しんでいたり、浜比嘉の人工ビーチなど浜遊びなど家族で楽しんでいる方もいます。

ジェット系

プライベートビーチなどでしか見たことないかもしれません。

「マリンスポーツレジャー」、 最初はコストがかかるものの気軽に続けられるものから、維持管理にもコストがかかってしまうものまで幅広く、やはりその人の経済状態や稼ぎ(給与)に合わせて、それぞれを楽しんでいるのが沖縄流ですね。海の遊びを極めたい人は、四方を海に囲まれた沖縄はまさに理想郷ですね。

 

ダイビングコンピューター

次のダイビングまでに欲しいダイビングコンピューター!  かっこいいですよね。
定番のリストコンピューターSUUNTO スント ダイビングコンピューター ZOOP(ズープ)【mic21楽天…

欲しいけど、、、高い